私は敏感肌です。今思い返してみると、子供の頃から決して自分の肌は丈夫なほうではなかったような気がします。

でも、子供の頃はスキンケアをするわけでもなく、普段の生活にそこまで支障がなかったのでそれを気にすることなく成長してきました。

初めて「私ってお肌弱いのかな?」と思ったのは大学生になってから。ズボンのベルトがお腹にこすれてしまい、その部分が真っ赤に腫れあがってしまったのです。

それからというものピアスをつけても耳が腫れたり膿が溜まってしまったりということが繰り返され、「もしかして…」と思いはじめました。

決定的だったのはとある化粧水を初めて購入したとき。お肌につけた瞬間、ピリっと電流が走るような刺激を感じ、その後顔が真っ赤になってしまいました。

その化粧水は大手メーカーのもので、化粧水こそ使ったことはなかったものの、ボディソープなどは何度か購入・利用経験があるためかなり驚いてしまいました。でもそれをきっかけに、「私はやはり敏感肌なんだ。敏感肌用の化粧水にしなくては…」と思うようになったのです。

そんな私がスキンケアで心がけているのは、基本的に「敏感肌用」のコスメを使うこと。そうでないものを買う場合は必ずネットの口コミサイトで「敏感肌の私でも大丈夫でした」などという口コミが多い商品を選ぶようにしています。

幸い、かなり気をつけて選ぶようになってからは刺激のあるコスメには出会っていません。これからも新しいコスメを試すときは十分に事前リサーチするつもりです。

コメントを受け付けておりません。

トラックバック | コメントを受け付けておりません。