昔から話には聞く米ぬか美容法を試してみました。

今までは米ぬかなんて手に入れる機会も無く、お店でもあまり見かけませんでした。
ドラッグストアでも米ぬか化粧品は数が少なかったので、あまり効果が無いのではと思ってもいたのです。

続きを読む

女性にはお肌の曲がり角と呼ばれる年齢があります。個人差はありますが、25歳から35歳ぐらいの間にシミやシワ、たるみ、乾燥などの年齢肌の悩みが急激に増えると言われています。そんな時期が訪れたら、少しだけでも今までのスキンケアを見直してみたり、何か新しい習慣を始めてみるとアンチエイジングの効果が期待できるかもしれません。

続きを読む


私は敏感肌です。今思い返してみると、子供の頃から決して自分の肌は丈夫なほうではなかったような気がします。

でも、子供の頃はスキンケアをするわけでもなく、普段の生活にそこまで支障がなかったのでそれを気にすることなく成長してきました。

続きを読む

私がダイエットのために心がけているのは、何を置いても「食事内容に気をつけること」です。

歳も歳なので(アラフォー)今までに色々なダイエットに手を出してきた私ですが、その経験から言うと「痩せたいなら食事が一番大事。運動だけでは痩せない!」と確信を持って言えます。逆に、運動しすぎると「あれだけ運動したんだから食べてもいいよねー」という妙な安心感が出てきてしまい(汗)、逆に食べ過ぎて太る…ということになってしまいます。

続きを読む

私は敏感肌で、気になった化粧品が何でも使えるというわけではありません。今まで使用してきた中で9割近くの化粧品は、お肌に合わない状態でした。そのため美容に取り組む場合は、敏感肌ということを考慮して行わなければなりません。なので美容方法といっても高級な美容液を使ったり、エステサロンに通ったりするわけではありません。

続きを読む

結婚前からずっと使用しているのが「ドモホルンリンクル」。1本、5000円~15000円の製品が8種類あるため、全部そろえるとかなりの出費になります。しかし、40代になった今、ママ友や主人の両親に「肌が綺麗ね」「しわがなくて40代にはみえない」などと言われると、やっぱり手放せないなと思ってしまいます。

続きを読む

1年くらい前からピンクアイシャドウと下がり眉、タレ目メイクをしていたのですが、どうも運気が下がっている気がします。そこで、仕事運、金運アップにグリーンのアイシャドウと太眉キリリにチェンジしてみました!

続きを読む

ダイエットや美容法で、高い化粧品や美容グッズ、エステに通う余裕がない、私なりの対策方法です。ダイエット対策というか、私はどちらかというと痩せているほうなので、今の体重や体脂肪を維持するために、毎日録画しているラジオ体操と、本屋で購入した本を参考に、約10分間のふくらはぎマッサージをするようにし、毎朝、特売品で購入した味のない大きい容器のヨーグルトをお皿に取り、それをレンジで温めたものを食べるようにしています。
続きを読む

私が実践しているスキンケアを紹介します。

まず結婚するまではドラッグストアに売っていないようないわゆる高級化粧品を使っていたのですが、事情があり結婚を期に退職をし専業主婦になってしまったら自由に使えるお金がかなり減ってしまいお安くスキンケアをしなければならなくなったので、研究に研究を重ねました。

続きを読む

女性なら誰でも美容に関心がありますよね。私は学生の頃からかなりのニキビ肌に悩まされていました。そのため、スキンケアには人一倍気を付けてきました。その方法やポイントをご紹介します。

①ニキビ肌のケア

まず、ニキビ肌には洗顔が1番。と、思いがちですが実は洗いすぎは肌に大切な菌までも洗い流してしまいかえってニキビが出来やすくなります。朝晩2回の洗顔で大丈夫。あとはきちんと化粧水+乳液で保湿をします。洗う時はごしごしせずふんわり泡立てた洗顔クリームでなでる様に。ニキビを傷つけない様にしましょう。そこで化粧水を付ける時が1番ポイントですが、まず、必ずコットンを使い洗い残しを拭き取るイメージで優しく拭き、その後手のひらに改めて化粧水を取り顔にぱしゃぱしゃ付ける様にしましょう。これで洗い残しがかなりなくなります。

②乾燥肌ケア

ニキビか段々治ってくるとニキビ部分がカサカサしてきます。そうしたら洗顔後の化粧水の量を少し増やしてたっぷりつけます。パックもおすすめですが、手軽なのは洗顔後にお風呂で湯船にゆっくりつかりながら”湯船スチーム”ではだをしっとりさせたその場での化粧水と乳液です。毛穴がしっかりあいている所に水分が入り込み乳液で蓋をするので効果ばつぐんです。

③しわ クマ対策

肌がきれいになると気になるのはしわとクマです。寝不足からくるクマには蒸しタオルがもってこいですが、疲れからくるクマにはフェイスマッサージがおすすめです。拳をつくり、せっけんを付けた頬を下から上へマッサージします。特に目元とあごのラインは念入りにしたいところですが、目元はやり過ぎるとしわになります。私は念入りにやり過ぎて肌がたるんで余計にしわになった覚えがあります…かなり後悔です。そうならないためには目の周りの薄い皮膚を避けて上なら眉のあたりを下なら頬の1番上の硬い部分を目安にぐるぐる。さいごに老廃物を首のリンパへ流します。これでむくみや凝り固まった部分がほぐれてスッキリします。

私はこれで、つるつる肌を手に入れました。ぜひ一度試してみてください。